教授挨拶

泌尿器科のホームページへ、ようこそお越しくださいました。
私ども久留米大学医学部泌尿器科学講座は泌尿器科として独立後60年を超える歴史を刻み、同門会130名以上の会員を擁する伝統ある教室です。
初代重松 俊教授、第2代江藤耕作教授、第3代野田進士教授、そして第4代松岡 啓教授の後任として私、井川が2014年4月1日から教室を主宰させていただくことになりました。
私はこれまでの久留米大学の伝統を引き継ぎながら、より良い地域医療、優秀な泌尿器科医の育成、そしてこれからの泌尿器科学の進歩に少しでも貢献していけるように力を尽くしていきたいと考えております。皆様、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
さて近年、特にこの10年で高齢化社会を反映した悪性腫瘍や排尿機能障害を中心とする各種泌尿器科疾患の増加が顕著になってきました。これをうけて泌尿器科における診断技術・治療法も格段に進歩しています。内視鏡手術、腹腔鏡手術はその良い例であり、低侵襲でかつ効果の高い治療法として今後も外科治療の中心的役割を担っていくものと思われます。
私どもの教室でも早くからレーザーを用いた尿路結石や前立腺肥大症の内視鏡治療を積極的に行ってきました。こういった低侵襲治療は標準的医療としてすでに位置づけられており、これからさらに進めていきたいと考えております。
また、各種悪性腫瘍に対する放射線治療もその適応が拡大しています。例えば前立腺癌に対する小線源治療や強度変調放射線治療は治療選択肢として確立され、当科でも多くの症例に実施しています。
一方で様々な新しい薬物治療も可能になっています。排尿障害に対する新しい作用機序の薬剤、進行腎がんに用いる分子標的治療薬、去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療薬など、これまで治療が難しいとされてきた疾患に対してもアプローチが可能になってきました。これらに加えまして、久留米大学では「腫瘍抗原ペプチドを用いたテーラーメイド癌ワクチン療法」に取り組み、現在臨床試験を実施中です。このような新しい治療への取り組みにあたってはやはり基礎・臨床両面におよぶ研究の下支えが重要です。私は泌尿器科学の発展に寄与できるようなユニークな研究を是非進めていきたいと考えております。

これからの10年、泌尿器科疾患の診断・治療はさらに深化していくでしょう。泌尿器科学はもはや従来イメージされてきた外科学の中の単なる一専門分野としてではなく、より広い疾患領域を対象とし、外科治療を中心としながらも内科的治療も行う総合的な診療科として極めて重要な役割を有しています。そしてこの泌尿器科の役割を中心となって支えていくのはやはり若く、熱意のある泌尿器科医です。
私は学生教育から専門医教育を通じて様々なニーズに応えることのできる人間性豊かな泌尿器科医療人を育成したいと考えております。興味を持つ医学生、若手医師の皆さんに1人でも多く当泌尿器科学講座を訪れてもらいたいと思います。
最後になりましたが、地域の皆様に最善・最先端の医療を提供すべく教室員一同、一丸となって取り組んでいく所存ですので、重ねましてよろしくお願い申し上げます。

久留米大学泌尿器科学講座
第5代教授 井川 掌

略歴

1964年 2月
長崎県長崎市生まれ
1982年 3月
久留米大学附設高等学校卒業
1988年 3月
長崎大学医学部 卒業
1988年 6月
長崎大学医学部 泌尿器科 入局
1994年 3月
長崎大学大学院医学研究科卒業
1997年 6月
長崎大学医学部泌尿器科 助手
2008年 2月
長崎大学医学部泌尿器科 講師
2009年 10月
長崎大学医学部 泌尿器科 准教授
2014年 4月
久留米大学医学部 泌尿器科 教授
久留米大学泌尿器科について

久留米大学泌尿器科について

久留米大学泌尿器科について
泌尿器科は主に腎・尿路系臓器および男性生殖器疾患の 診断・治療を行う診療分野です。
その診療方法や対象疾患の範囲は非常に多岐にわたるのが大きな特徴のひとつです。
1928年3月
九州医学専門学校創立
1928年8月
皮膚泌尿器科学講座開設
初代教授 布施四郎 教授就任
1947年9月
第2代教授 樋口謙太郎 教授就任
1949年1月
第3代教授 重松 俊 教授就任
1953年12月
教室が皮膚科と泌尿器科に分離独立
重松教授が泌尿器科学講座初代教授として就任
1972年5月
第2代教授 江藤耕作 教授就任
1991年4月
第3代教授 野田進士 教授就任
2003年3月
第4代教授 松岡 啓 教授就任
2014年4月
第5代教授 井川 掌 教授就任

責任者・指導医

責任者
井川 掌
医師数
36名
日本泌尿器科学会 専門医
23名
各専門医・指導医数
指導医 : 15名
泌尿器腹腔鏡技術認定医 : 3名
日本レーザー医学会 専門医 : 1名
日本がん治療認定医機構 暫定教育医 : 1名
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 : 6名
日本腎臓学会 専門医 : 1名
日本透析医学会 認定医 : 1名
日本内分泌外科学会 内分泌・甲状腺外科専門医 : 1名

アクセス

  • 久留米大学医学部泌尿器科学講座
  • 〒830-0011 福岡県久留米市旭町67
  • Tel : 0942-31-7572
  • Fax : 0942-34-2605
  • mail : urology@med.kurume-u.ac.jp
  • 久留米大学
  • アクセス
  • 久留米大学医学部医学科