教授挨拶

久留米大学泌尿器科では講座独自、あるいは学内外の研究室や施設と共同して基礎研究や臨床研究を行っています。主な研究テーマを以下にご紹介します。

久留米大学泌尿器科について

久留米大学泌尿器科について

①前立腺癌・前立腺肥大症
・胎児尿生殖洞皮下移植モデルによる前立腺組織および肥大症組織発生に関する検討
・前立腺癌におけるプロテイン・ホスファターゼの発現と意義について
②腎癌
・腎細胞癌における新規ドラッグデリバリーシステムを用いた
 ソラフェニブ+IFNα併用療法の腫瘍増殖抑制効果

・転移性淡明型腎癌におけるPD-1およびPD-L1の発現と臨床病理学的因子の検討
・転移性腎細胞癌におけるALDH1分画の発現と臨床病理学的因子に関する検討
③尿路上皮癌
・標準治療抵抗性尿路上皮がん患者に対するペプチドワクチン療法のバイオマーカー検索
久留米大学泌尿器科について
①尿路上皮癌
・上部尿路上皮癌に対するネオアジュバント化学療法に関する検討
・High grade T1膀胱癌に対する膀胱内注入療法に関する前向き研究(多施設共同)
②前立腺癌
・限局性前立腺癌に対するI125密封小線源療法に関する研究
・血清p2PSAに関する研究
・進行前立腺癌に対するホルモン療法に関する前向き研究(多施設共同)
・去勢抵抗性前立腺癌に対する新規AR標的薬に関する臨床的検討
③腎癌
・腎細胞癌に対するPET/CTの有用性及び病理組織学的検討
・転移性腎細胞癌に対する分子標的治療薬・免疫チェックポイント阻害薬の臨床効果に関する検討
④尿路結石
・Dual energy CTを用いた尿路結石の診断と臨床応用
⑤排尿機能
・夜間頻尿に対する抗コリン薬の効果に関する検討