患者さんへ

受診される方へ

結節性硬化症診療チームについて

人と地球にやさしい 生命を慈しむ医療を目指します。

当科では広く泌尿器科疾患の診療を行っていますが、中でも悪性腫瘍(腎がん・膀胱がん・前立腺がんなど)の患者さんを多く診せていただいております。これらの泌尿器がんは高齢化社会の影響で近年顕著に増加してきました。特に前立腺がんはPSA(前立腺がんの腫瘍マーカー)の普及により、早期前立腺がんの発見が可能となり、多くの治療法が選択できるようになりました。 当科では早期前立腺癌がんの治療として主として手術を行っておりますが、放射線科と協力し密封小線源療法・放射線外照射も多数実施しており、さらには重粒子線治療施設とも連携をとりながら患者さんの納得できる治療法選択を行っています。

また進行・再燃前立腺がんの治療として新規薬剤を含む各種ホルモン療法やワクチン療法は優れた治療成績をおさめています。このワクチン療法は前立腺がんだけではなく、既存の治療法が効きにくくなった進行した膀胱がん症例にも効果を示すことがわかってきました。泌尿器疾患に対する腹腔鏡手術も早期より導入しており、腎腫瘍・副腎腫瘍・前立腺がんを中心に最近では尿膜管疾患などの良性疾患にも適応を広げています。尿路結石に対してはESWL(体外衝撃波結石破砕術)・TUL(経尿道的砕石術)などを積極的に行っており、ESWLは患者さんのニーズに応え、外来治療も多く行っております。また前立腺肥大症の治療としてレーザーを使用したHoLEP(経尿道的前立腺レーザー核出術)を多数行っており、低侵襲な治療法として確立しております。このように当科では幅広い疾患領域に対して低侵襲で安全かつ効果の高い治療の実践に取り組んでいます。

ダヴィンチXiによる泌尿器がん手術

2016年6月久留米大学病院にロボット支援手術の最新機種ダヴィンチXiが導入され、前立腺がんに対する手術を開始致しました。

早期の前立腺がんに対しては様々な治療法がありますが、最も効果の高い治療法の1つに手術治療が挙げられます。この前立腺全摘除術は最初開腹手術に始まり、その後技術の進歩により2000年代はじめ頃から腹部に数か所の穴をあけて内視鏡を挿入し、前立腺を摘出する腹腔鏡手術へと進歩してきました。これにより術後の痛みが軽減し、回復も早くなりましたが、術後合併症である尿漏れや勃起障害なども減少はしたものの、依然一定の割合で認められます。

そして2009年頃からわが国でも登場してきたのがロボット支援手術です。基本的な手術手順は従来の腹腔鏡手術と同様ですが、大きな違いは内視鏡や鉗子、メスなどの手術器具を術者がロボットアームを遠隔操作して動かす点にあります。このロボット手術の利点は、①拡大した良好な3D(立体視)視野での操作②手振れが無く、人間の手以上に細かい動きが可能といったことなどが挙げられます。これにより、これまでの腹腔鏡手術以上に細かく正確な手技が可能になります。すなわち術中・術後合併症の軽減、患者さんのQOLの改善など治療成績の向上が期待できます。 ロボット支援下前立腺全摘術は2012年の保険収載以降、日本国内で急速に普及しており、また2016年4月からは比較的小さな腎がんに対するロボット支援腎部分切除術も保険収載されました。泌尿器科のみならず今後多くの外科手術はロボット支援手術で行われる時代へ入っていくことが予想されます。この度久留米大学病院に導入された最新機種であるダヴィンチXiは従来の機種と比較して種々の新しい機能が加わっており、様々ながんに対して柔軟に対応することが可能です。がん診療はわが国における医療で最も重要な領域の1つであり、筑後地区におけるがんの外科治療に今回のダヴィンチXi導入が大きく貢献できることが期待されます。

実際の手術風景
患者さんに設置されたダヴィンチ本体(ペイシャントカート)と周辺の機器。患者さんのそばには手術助手2名がつき、ロボット操作の補助をします。
術者は手術室内の離れた位置に設置した操縦席(コンソール)でロボットアームの操作をします。

日本泌尿器学会「こんな症状あったら」

外来担当表

久留米大学病院